高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

医療と健康

2020年09月11日

ゴミが入ったわけではないのに瞼(まぶた)の裏側がゴロゴロする…

瞼の裏にゴロゴロした違和感ある

62歳の女性です。いつ頃からだったのかは解らないのですが、いつも瞼の裏に何か入っているような、ゴロゴロした感じがします。

鏡を見ても、なにも異常はないようです。目を洗ったり、冷やしたりするのですが、あまり改善せず、とても不快です。数年前から、趣味で編み物を始めたのですが、目が疲れているせいでしょうか、手元が見えにくいときもあります。

ドラッグストアで、すっきりする目薬を購入して試したところ、つけた瞬間は気持ちが良いのですが、あまり長続きしません。なにか良い改善法はないでしょうか。

答え

ドライアイの症状。涙液の分泌が足りない可能性

今回は目の違和感を訴えている方からのご相談です。目がゴロゴロしたような感じ、目の疲れ、それに加えて、手元が見えにくいという症状もあるようです。

目がゴロゴロするという症状がありますと、目の乾きが原因となっていることが考えられます。最近ではドライアイという呼び方をしますが、これは目から分泌される涙が足りていない、もしくは角膜への涙の付着が不均一だったりすることで起きるもので、目に違和感があったり、目がみえにくくなるような症状が起きることも分ってきております。とくに若者の場合には、パソコンを長時間使用したりすることで、ドライアイの症状を訴える方が増えており、大きな問題の一つとなっております。

高齢者の場合、いわゆる老眼というものも当然出てまいりまして、たとえば手元が見えにくくなるというのは老眼の特徴的な症状です。ですが、老眼だから仕方がないと決め付けずに、一度はドライアイでないか、涙液の状況を調べてもらうことも大切です。また、ドライアイを自己診断できるチェック項目もあるので、ご紹介します。

・目が疲れやすい

・目が痛い

・目やにが出る

・目がゴロゴロする

・理由もなく涙が出る

・物がかすんで見える

・目がかゆい

・目が重たい感じがする

・目が赤くなりやすい

・なんとなく目に不快感がある

・目が乾いた感じがする

・光をまぶしく感じやすい

これらのチェック項目のうち、当てはまるものが5つ以上ありますと、ドライアイの可能性が高いです。

他にも目の乾きを起こす病気として、シェーグレン症候群という病気があります。これは膠原病の一種で、リウマチにも似た病気なのですが、涙液が少なくなったり、また口の中の唾液も出にくくなるため、例えばパンなどの乾いたものが食べにくかったりすることがあります。眼科での検査してもらったり、もしくは採血による特異的なマーカーがありますので、そういった検査をすることで分ることもあります。

これまでは、薬局でも購入できる普通の目薬をつけている方が多かったのですが、それは一時的な症状の改善にしかなりません。最近は、眼科で処方される良い目薬が出てまいりまして、角膜上の涙液の付き方を均一に保って、長持ちをさせるものがあります。そういった目薬を継続して使用することで、ドライアイが改善することも分っていますので、ぜひ一度眼科を受診し、目の状態を調べていただくことをおすすめします。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高谷 典秀 医師
  • 医療法人社団同友会 理事長 / 順天堂大学循環器内科非常勤講師 / 学校法人 後藤学園 武蔵丘短期大学客員教授 / 日本人間ドック健診協会 理事

【著書】 『健康経営、健康寿命延伸のための「健診」の上手な活用法』出版:株式会社法研(平成27年7月)【メディア出演】 幻冬舎発行「GOETHE」戦う身体!PART4 真の名医は医者に訊け(2018年6月号) / BSフジ「『柴咲コウ バケットリスト』in スリランカ 人生を豊かにする旅路」(平成28年1月) / NHK教育テレビ「きょうの健康」人間ドック賢明活用術(平成27年5月) / NHKラジオ「ラジオあさいちばん 健康ライフ」健康診断の最新事情(平成25年11月)

健康への不安や悩みはありませんか?

健康にまつわるご相談を募集しております。医療法人社団同友会理事長がわかりやすくお答えをいたします。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る