高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2017年01月19日

正月太りは1月中にリセットしよう!

columnPhoto

JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。

今年の年末年始はお天気も良く過ごしやすかったですね。
年末の忘年会、大晦日、そしてお正月と、のんびり過ごしながら美味しいものをたくさん食べて、体重が増えてしまった方も多いのではないでしょうか?増えてしまった体重はできるだけ早くもとに戻すことが大切です。正月太りは1月中にリセットするようにチャレンジしましょう!

<糖質を控える>
お正月には年越し蕎麦や餅、寿司、菓子など、糖質を多く食べてしまっている方が多いです。しばらくは糖質を控えめにしましょう。
・麺類を2週間禁止にする
・米は普段の半量にする
 など、計画を立てるとすすめやすいですね!

<塩分を控える>
おせち料理やお雑煮などの和食が中心の正月メニューは、豆や野菜が多く油が少ないのでヘルシーなのですが、塩分が少し高めです。
 特に市販のおせち料理は日持ちさせる為に味付けを濃くしてあります。その為、むくみが生じやすくなります。お酒を飲む方は特にむくみが出やすいです。塩分を控えるようにし、野菜をたっぷり食べることでむくみが解消されやすくなります。

正月明けに食べる七草がゆは、茶碗1杯食べても普通の白米を食べる1/3~1/2程度のカロリーなので満足感もありダイエットにおすすめです!七草は利尿作用を促してくれるので、むくみ解消にも効果的ですね。1月7日だけに限らず、ぜひ取り入れてみてください!

<身体を動かす>
 正月太りは食べ過ぎだけでなく「運動不足」も原因のひとつ。
 普段の生活に戻れば運動量が増えて自然と体重も落ちていきます。休みの日も家で過ごさず、神社やお寺へ初詣に出かけたり、買い物に出かけるなど、外出する機会を増やしましょう!

体重のチェックをこまめに行い、ベスト体重に素早く戻しましょうね!

健康管理アプリ JouleLife コラム

https://api.joule.life/wv/columnDetail?cid=141

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 元気な高齢者を全国へ発信!「ツクバあさん47」(茨城県・つくば市)の活動

    続きを読む
  • 1面「ツクばあさん47」29年5月号写真1
トップへ戻る ホームへ戻る