高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2016年07月05日

江戸時代からの名物~入谷「朝顔市」

11711046

毎年7月6~8日の3日間開催される入谷の「朝顔市」。
約40万人の観光客が訪れます。

江戸時代、朝顔栽培に長けた植木屋が入谷に多く住んでいたことから名物となりました。
通行人が「木戸銭」(入場料)を払って朝顔見物させてもらうほど人気を誇ったそうです。

2020年東京五輪のロゴマークは朝顔をモチーフにしたものもありましたが、
落選してしまいました。

今年で66回目を迎える「朝顔市」。
一度訪れて、下町の風物詩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る