高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2016年07月05日

江戸時代からの名物~入谷「朝顔市」

11711046

毎年7月6~8日の3日間開催される入谷の「朝顔市」。
約40万人の観光客が訪れます。

江戸時代、朝顔栽培に長けた植木屋が入谷に多く住んでいたことから名物となりました。
通行人が「木戸銭」(入場料)を払って朝顔見物させてもらうほど人気を誇ったそうです。

2020年東京五輪のロゴマークは朝顔をモチーフにしたものもありましたが、
落選してしまいました。

今年で66回目を迎える「朝顔市」。
一度訪れて、下町の風物詩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 広がる「高齢者家庭のゴミ出し」支援~NPO法人「花たば」の活動と仕組み

    ここ数年、高齢者家庭のゴミ出し支援を行う自治体や団体が増えている。… 続きを読む
  • 花たば図1
聴力補助器Choju 耳が遠いご家族へのプレゼントに最適
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る