高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2020年11月20日

意外に多い「かくれ資産」。あなたの家にもあるかも…

各家庭の不用品の金銭的価値のこと。
押し入れに眠っている着物や宝石など普段使わなくなったものは、かつてはリサイクルショップや古物商に引き取ってもらうのが一般的でした。
しかし、近年はフリマアプリ「メルカリ」などで業者を介さずに、個人間で売買するルートが確立。中古品売買の「二次流通市場」が拡大し、かくれ資産は金融、不動産に続く「第三の資産」として見直されています。
ニッセイ基礎研究所がメルカリのデータをもとに調査したところ、こうしたかくれ資産は1世帯当たり平均70万円。日本全体で37兆円以上という結果が出ました。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

トップへ戻る ホームへ戻る