高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2022年09月06日

「子等の打つ水鉄砲は孤を描き銀の水円銀の架け橋」2022年9月入選作品|老友歌壇

老友新聞2022年9月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

子等の打つ水鉄砲は孤を描き銀の水円銀の架け橋

荻野 徳俊

子供達が打つ水鉄砲と、その子供達の無邪気な様子、ひいては現在の平和に対するしみじみとした感慨が、結句「銀の架け橋」から伝わります。一点だけ「水円」と「孤を描き」の意味の重複が気になります。推敲してみて下さい。

二 席

猛暑日に打ち水のごと夕立が降ってくれぬか天仰ぎ見る

藤澤 忠男

暑い日が続く今年の夏。せめて夕立が降ってくれれば少しは涼しくなるのに、という素朴な願い。「打ち水のごと」がいいですね。

三 席

鉢植えの朝顔今朝は三つ咲き明日咲くつぼみ陰に隠れて

鈴木 とく

毎朝、朝顔の鉢を見るのを楽しみにしておられるのでしょう。そして花の陰には、明日咲くつぼみがあるというのがいいですね。「三つ」という具体的な数字が効果的です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る