高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2020年08月04日

「端渓の細かき石の肌に触れ香り立ちたる春の夜の墨」2020年8月入選作品|老友歌壇

老友新聞2020年8月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

端渓の細かき石の肌に触れ香り立ちたる春の夜の墨

松尾 勝造

有名な中国産の端渓硯。その硯で磨(す)る時、香り立つ墨。春の夜の気分と相俟って、ほのかな色香さえ漂う一首です。

二 席

どこまでも緑一色田園を列車が走るたんぼ引き連れ

王田 佗介

一面緑色の田園を描写する事で、読者に夏の空まで想像させます。「たんぼ引き連れ」が秀逸です。

三 席

コロナ禍に一人もいないすべり台まだらに木々の影おとすのみ

岡本 政子

コロナウィルスで誰もいない公園。その寂しい光景を、下の句で抒情的に表現しました。

佳作秀歌

望遠のレンズに入りし山鳩を覗くつもりが覗かれている

荻野 徳俊

こちらをじっと見つめる山鳩。意外な事態とその時の心の動きを一首にまとめました。

久々に会う日のために髷を切りサンダル一つ新しくする

岸 慶子

「髷」は「髪」の書き違いでしょうか。サンダルという具体を入れることで、親しい人と会う日の心躍りが伝わります。

暗闇に青い光が乱舞する夢を見し午後義母は逝きたり

天野 照華

上の句が幻想的です。お義母様は作者に何か伝えたかったのかも知れませんね。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る