高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

医療と健康

2022年03月30日

左胸が痛む原因は…心臓疾患か、それともストレスか?

月に一度くらい、左胸がチクチク痛みます

63歳の男性です。胸のチクチクとした痛みについて教えてください。

月に一度くらいの割合なのですが、突然左胸がチクチクと痛むことがあります。長い時には2~3分くらい続きます。放っておくと自然に治るのですが、すこし間を置くと、また症状が出ることもあります。

場所が左胸ということで、なにか心臓の病気なのかと気になり相談をさせていただきたいのですが、これまで健康診断などで、心臓の異常を指摘されたことはありません。

健康診断では分からない病気が潜んでいることは考えられるでしょうか。また、ストレスなど、何か精神的な原因も考えられるでしょうか。

答え

あまり心配ないが、狭心症による「放散痛」には注意が必要

今回は左胸の症状から、心臓の病気を心配されている方からのご相談です。

多くの方が心臓は左側にあると思われており、そのため左胸に何か症状があると、心臓の病気ではないかと心配される方が多いです。

確かに心臓の鼓動は胸の左側で脈を打つので、どうしても心臓は左側にあるという認識が強いのかと思います。しかし心臓は基本的に胸の中央に位置しているものです。心臓の先端部分である「心尖部」が左側に位置しており、この心尖部でドクドクと脈を打つために、左胸で鼓動を感じるのです。

心臓病の代表である狭心症や心筋梗塞は、左胸ではなく胸の中央に症状が出ることがほとんどです。それも今回のようにチクチクとした痛みなどではなく、もっと重く、締め付けられるような痛みです。狭心症の場合、それが数分から10分程度、心筋梗塞ですとさらに激しい痛みが長く続くことになります。また狭心症の場合、労作時に発生するのがほとんどですのでそういうことも判断材料の一つになります。

今回ご相談の場合、チクチクとした痛み、しかも場所が胸の左側ということですので、これらの症状を伺う限りでは、心臓の病気という可能性は低く、それほど心配ございません。また、体の表面上の痛みや、その場所を手で押すと同じように痛むような場合には、体の内部、つまり内臓ではなく筋肉や骨など整形外科的な問題や肋間神経痛などがほとんどで、命にかかわるようなことはありません。一方、原因ははっきりしないことが多く、薬などで治すということは難しいのですが、あまり心配せずに経過を見ていくということで大丈夫かと思います。

ただ、狭心症の症状の出方も、まれに「放散痛」といって、左肩や首、あるいは胃の辺りに痛みが走るということもあります。胃の病気だと思っていたら、実は心筋梗塞だったということもありえますので、やはり症状が典型的でないとしても、症状が長く続くようであれば、一度循環器内科で心臓超音波検査や心電図検査などで調べる必要があるでしょう。

もし心臓の病気ではないと診断された場合、原因を特定することはなかなか難しいですが、肺の病気など他の疾患の検査も必要になる場合もあります。また、人によってはストレスや睡眠不足などが、体調の変化として現れることもありますので、一度生活習慣についても見直しをしてみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高谷 典秀 医師
  • 同友会グループ 代表 /医療法人社団同友会 理事長 / 春日クリニック院長 / 順天堂大学循環器内科非常勤講師 / 学校法人 後藤学園 武蔵丘短期大学客員教授 / 日本人間ドック健診協会 理事

    日本循環器協会 理事 / 健康と経営を考える会 代表理事

【専門分野】 循環器内科・予防医学

【資格】 日本循環器学会認定循環器専門医 / 日本医師会認定産業医 / 人間ドック健診専門医 / 日本内科学会認定内科医 / 医学博士

【著書】 『健康経営、健康寿命延伸のための「健診」の上手な活用法』出版:株式会社法研(平成27年7月)【メディア出演】 幻冬舎発行「GOETHE」戦う身体!PART4 真の名医は医者に訊け(2018年6月号) / BSフジ「『柴咲コウ バケットリスト』in スリランカ 人生を豊かにする旅路」(平成28年1月) / NHK教育テレビ「きょうの健康」人間ドック賢明活用術(平成27年5月) / NHKラジオ「ラジオあさいちばん 健康ライフ」健康診断の最新事情(平成25年11月)

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

健康への不安や悩みはありませんか?

健康にまつわるご相談を募集しております。医療法人社団同友会理事長がわかりやすくお答えをいたします。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る