高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2016年07月15日

取り調べの可視化 まだまだ道遠し

1546396

警察における取り調べの録音・録画の実施件数を警察庁が発表しました。
それによれば録音・録画件数を「全過程」行ったものは1543件でした。録音・録画が、2013年に導入されて以来、最高の実施件数です。いかにも可視化が進んでいるように見えますが、そうではありません。

くらしと統計

5月に改正された刑事訴訟法で可視化が一部義務化されましたが、任意同行による取り調べや参考人の取り調べは対象になっていません。
警察に都合のいい部分だけを公開する恐れも指摘されています。無実の国民が「自白強要」などによって有罪とされるえん罪の危険性は解消されていないのです。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 「終活で整理したい」「祖父母が残した写真どうする?」思い出のアルバムはデータ化を!

    読者のみなさんは、自宅に何冊のアルバムをお持ちだろうか。独身時代、結婚して子どもができ、さらに孫ができ、その度に撮ってきた写真。… 続きを読む
  • Exif_JPEG_PICTURE
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る