高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

玉木正之のスポーツ博覧会

玉木正之のスポーツ博覧会

2020年09月02日

今年のプロ野球開幕日=6月19日は何の日?

6月19日、プロ野球が開幕。このニュースを聞いて、「素晴らしい日を選んだものだ」と感激した日本の野球ファンはどれほどいただろうか?
その日はベースボール発祥の国アメリカで「ベースボール記念日」とされているのだ。

1846年のその日、ニュージャージー州ホーボーケンで、ニッカボッカーズ対ナインというニューヨークの2チームがベースボールの試合を行った。そのときのルールを創ったのがアレクサンダー・カートライトという消防夫で、20点を超える得点をしたチームが勝利といった具合に、今日のルールとは異なる点も多かった。が、20以上の数を英語でスコアと呼んだため、野球の得点をスコアと呼ぶ慣習が生まれたり、1チーム9人で試合したり(それ以前は遊撃手が2人いて10人で守備をしたこともあった)、打者は3度の空振りでアウト、3アウトで攻守が交代……など、今日に繋がるルールが定められたのが174年前の6月19日だったのだ。

別にそんな歴史を知っていなくても野球を見たり、やったり、楽しむことはできる。が、せっかく今年の開幕を6月19日に選んだのなら、プロ野球関係者は「ベースボールの父」と呼ばれているアレクサンダー・カートライトに敬意を表し、「ベースボール記念日」のことをもっとアピールするべきだっただろう。もしも関係者の誰一人として「記念日」を知らなかったとしたら、それはやはり問題だ。

サッカーに次ぐ世界第2の競技人口を誇る柔道は、世界柔道連盟(IJF)のホームページに《1882(明治15)年、嘉納治五郎が知的道徳的教育につながる柔道を創造した》と書かれている。それを知らない外国人の柔道選手を我々日本人が不快に思うなら、野球記念日も知っておかねば。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

玉木 正之
  • スポーツライター 音楽評論家 小説家

新聞や雑誌で執筆・評論活動を展開するほか、TV・ラジオ番組に多数出演。主著に『スポーツ解体新書』『不思議の国の野球』『オペラ道場入門』他多数。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る