高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2019年11月13日

「一人居の余生すこやか今日の月」2019年11月入選作品|老友俳壇

老友新聞2019年11月号に掲載された俳句入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一人居の余生すこやか今日の月

近藤 貞子

高齢者にとってすこやかな日々は何より有難いもの、独り身ならば尚更です。美しい月を見つつ改めて健康を喜ぶ作者、元気であればこそ月を愛でる気持にもなれます。

コスモスや少女は大人の顔になり

稲田 知司

中学生くらいの女の子を想像しましたが、この年齢の心身の成長は早いのでしょう。驚きつつ戸惑っているような作者、しかし少女にはあどけなさもまだ残っていたのでは?と思わせるのがコスモスです。

見透かしておいでおいでと猫じゃらし

王田 佗介

風に吹かれる猫じゃらしに手招きされているように思ったのです。作者はどんな心を見透かされたのか、色々に想像させる楽しさがある作品です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

日本老友新聞・新聞購読のお申込み
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る