高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2020年01月09日

「諦めていた新米がどんと来る」2020年1月入選作品|老友俳壇

老友新聞2020年1月号に掲載された俳句入選作品をご紹介いたします。(編集部)

諦めていた新米がどんと来る

王田 佗介

毎年新米を送って下さる人がいるのです。しかし今年はいまだに届かない。もう来ないと思っていたのに思いがけず届いた。その喜びぶりが「どんと」から伝わります。

溜息をつきつつ今日も落葉掃く

松岡 ツルヱ

庭、或いは並木道に近い門前かもしれません。毎日のようにそれも見過ごせない量の落葉です。晩秋から初冬にかけて毎年落葉掃きに苦労されているのでしょう。嫌でも掃かずにおれない、そんな作者の人柄もうかがえます。

夕焼を見上げて今日に有難う

河合 てる子

「有難う」は今日も無事に過ごせたことへの感謝の気持です。美しい夕焼けを見ると、このように呟きたくなりそうです。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る