高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2018年03月16日

「わが生の残光きらめく如くにも真冬の海にたてる白波」2018年2月入選作品|老友歌壇

eyecatch_tanka

老友新聞2018年2月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

わが生の残光きらめく如くにも真冬の海にたてる白波

松尾 勝造

厳しい冬の海に白く立つ波を、自分の余生、しかも煌めく余生のようだと感じた作者。見事な感慨です。

二 席

何事もなき家庭など無しと思う冬の落日ぼうと見ており

宮本 ふみ子

家庭内での問題を抱えつつ冬の夕陽を見ている。しかし本当は、見ているのに見ていない、そんな感情が伝わってきます。

三 席

雪蛍ふわりふわりと飛んでゆく寒さ知らせる優しきものよ

天野 よし江

初冬に見る雪虫、綿虫とも。「ゆきほたる」という美しい響きが「寒さ知らせる優しきものよ」を引き出しました。

佳作秀歌

秋茄子の紫の色艶もよし嫁が笑顔の灯れるに似て

荻野 徳俊

健康的なお嫁さんの笑顔が目に見えるようです。「灯れる」がいいですね。

干柿にやわらかな陽がさしている洗いし物をその下に干す

杉山 勝治

干柿の橙色に陽がさしてあったかそうですね。洗い物も乾きそうです。

内科医院、眼科医院をめぐりきて待合室に息ととのえぬ

塩谷 千鶴子

あちこちの病院を回ってやっと最後の病院に来たという安堵感が、結句「息ととのえぬ」に凝縮されました。

音も無く庭をメダカを日曜を濡らしはじめん紅葉の雨は

清岡 晃

初めてのご投稿でしょうか。濡らしているのは雨ではなく紅葉だと、結句で初めてわかります。今後もお続け下さいね。

電線が揺れるほどにも隙間なく並ぶ野鳥の会話聞きたい

岩崎 ますゑ

本当に、どんなおしゃべりをしているんでしょうね。動物の話がわかる『聞き耳頭巾』という民話を思い出します。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

オーディオサウンド
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る