高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2019年06月07日

「春昼の茶畑のなか鶏のひと声長くながく尾をひく」2019年6月入選作品|老友歌壇

老友新聞2019年6月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

春昼の茶畑のなか鶏のひと声長くながく尾をひく

宮本 ふみ子

春の長閑な雰囲気をとても良く捉えて秀逸です。「長くながく」のリフレインも効果的です。

二 席

寒流に遊びしカヌー軽々と担いで過ぐる若人まぶし

櫻井 美智榮

まだ寒い時期であればなおさら抱く、川で遊ぶ若い人への羨望にも似た思い。共感を呼ぶ一首です。

三 席

流行に縁なき母の太い指農家に嫁ぎ土を友とし

鈴木 昇

嫁いだ先で農業に一生を捧げたお母様への尊敬と思慕。「太い指」に、作者万感の思いが溢れています。

佳作秀歌

初物の蕗の薹さげ友が来る若草色の香りをさげて

大石 志津江

お友達が持って来てくれた蕗の薹の献立は春の味。美味しかった事でしょう!

カタコトと一輌電車菜の花の黄色の間を行く春うらら

岡本 政子

お花見の人を乗せて行く一輌電車。春うららな雰囲気いっぱいの一首です。

春風はわれを掬いて投げ落とす孤独の沼の底なき闇へ

上田 昭子

春はなんとなく物狂おしくなる季節。花を見て孤独を感じる作者に共感する方も多い事でしょう。

散り止まぬ智鋪の岩戸の山桜棚田の水面を覆ひつくして

青柳 忠良

智鋪とは高千穂の別名のようですね。神話の里の春の景色が美しく浮かびます。

金丸座の年に一度の大芝居花競べする満開にして

横山 一雄

四国こんぴら歌舞伎。あえて出し物に触れず桜を詠ったところがいいですねぇ。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る