高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2019年11月11日

「日傘さし信号待つ間も電柱の片陰に寄る晩夏の昼」2019年11月入選作品|老友歌壇

老友新聞2019年11月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

日傘さし信号待つ間も電柱の片陰に寄る晩夏(おそなつ)の昼

宮本 ふみ子

晩夏といってもまだまだ暑い昼。「電柱の片陰に寄る」という表現で、その暑さを読者に想像させます。

二 席

秋の夜の天の川へと駆けのぼる鎮守祭りの練習太鼓

上田 昭子

太鼓の音が「天の川へと駆けのぼる」ように思えた作者。大きく勇壮な音と、天に煌めく星々、澄んだ空気まで伝わります。

三 席

学童の朝のあいさつ戻り来て九月始まる豪雨の中に

櫓木 香代子

九州北部の集中豪雨被害が甚大だった八月が明け、夏休みが終わった子供達の「おはよう」の明るい声が帰ってきたことに安堵します。

佳作秀歌

雑記帳に病状記す友の文字激痛走ると歪みたる文字

荻野 徳俊

感情を押さえ歪んだ文字という事実を言うだけで、友の激痛の程が伝わります。

山女釣る人岩となる夏の朝山、川、風も只ただ無口

王田 佗介

渓流釣りの人の全く動かない様子を「岩となる」とし、下の句で静寂さを表現しました。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る