高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2016年07月07日

2016年6月入選作品|老友歌壇

eyecatch_tanka

一 席

濃く淡く畦焼く煙の流れ来て男一人が見え隠れする

荻野 徳俊

畦を焼く場面に、煙の奥にいる男を置いたことで歌に奥行きが出ました。

二 席

春空を呑みて泳ぐや鯉のぼり縦にあおられ横になびきて

寺迫 保夫

男の子の成長を願って揚げる鯉幟。その鯉幟が泳ぐさまを「春空を呑みて」と大きく表現しました。

三 席

花冷えの暁に未だまどろめる空気を裂きて救急車ゆく

上田 昭子

早春の明け方の、ひっそりと穏やかな空気を裂いて行く救急車。不穏な場面をうまく表現しました。

佳作秀歌

列車待つホームにおれば鳩一羽伸び縮みする首が近寄る

松尾 勝造

「首が近寄る」としたことで鳩の独特な動きが鮮明になりました。

押し車頼りに歩めば春一番が我の背を押す陽も温く射す

勝亦 はる江

春先の強い風が「背を押す」と感じた作者。その前向きな姿勢を春の陽も応援します。

落ち椿掃けばほろほろ転がりぬ花の形を残したままで

飛田 芳野

花の形のままに落ちている椿を掃く時、なんともいえない気持ちになります。

桜咲くさくら苑にてさくら葬 兄逝きたまう花に埋もれて

櫓木 香代子

桜の季節に、桜の花びらに包まれて逝かれたのでしょうね。

少しずつワインのコルクがせり上がりポンと飛び出す春の宵なり

山岸 とし子

ワインのコルクが抜けるポンという明るい音が、春の宵の気分を表現しています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

オーディオサウンド
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る