高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2016年11月10日

大切な人に健診プレゼント ~ 日本初の健康診断の支払い専用 『からだ健診ギフトカード』 11月10日よりココカラファインヘルスケア、 富士薬品で発売開始 ~

プリンãƒ

インコム・ジャパン株式会社

インコム・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:荒井 琢麿、以下 インコム・ジャパン)は、凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 眞吾、以下 凸版印刷)と、日本人間ドック健診協会とで共同開発された日本初の健康診断の支払い専用のPOSAカード*『からだ健診ギフト(R)カード』を11月10日より1都2府8県にある「ココカラファインヘルスケア」と「富士薬品セイムス」グループ両ドラッグストアの店頭にて販売を開始いたします。

厚生労働省の2014年「国民健康・栄養調査」によると、過去1年に健診を受けていない男性は27.8%、女性は37.1%までのぼっております。特に専業主婦や会社に属さない女性は、健康診断が義務付けされていないため、自発的に受診しない限りきっかけがないことが、受診率が低い大きな理由だと考えられています。
 本カードは「大切な人の“健康”を願う気持ち」に着目し、がん健診や人間ドック健診の支払時に使えるギフトカードという“カタチ”にすることで、これまでなかなか健診を受けてこられなかった方々にも受診のきっかけを提供し、日本の健康診断の受診率向上に寄与できるものと期待をしております。

■製品概要
 名称     : からだ健診ギフト(R)カード
販売開始時期 : 2016年11月10日(木)
販売価格   : 1万円券(10,700円)、3万円券(31,500円)
販売先    : ココカラファインヘルスケア、富士薬品グループ
 カード発行会社: 三井住友カード
事業運用   : 凸版印刷

■インコム・ジャパン株式会社について
米国に本社を置く世界最大手のPOSAカード流通業者の日本法人で世界全体の売上は3.6兆円(2015年実績)。POSAカードの特許技術を複数有し、国内で約50,000店の小売店に展開しています。

 <POSAカードとは>
 「Point Of Sales Activation」の頭文字を取ったプリペイドカードで、POSレジでの決済が完了して初めて対象カードが有効化されるため、通常の金券とは違い、小売店は在庫リスクや盗難リスクなしにカードを販売することができます。国内においては、コンビニエンスストア、家電量販店、ドラッグストア、総合/食品スーパー、専門店、ディスカウントストアといった多くの小売店店頭において販売されており、また、カードの券種も1,400SKUを超える種類が販売されています。
※ 国内では「POSA」、「POS Activation」はインコム・ジャパンの登録商標です。

 設立   : 2008年1月
 代表取締役: 荒井 琢麿
 所在地  : 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル41F
 URL    : http://www.incomm.com
POSAカード(インコム・ジャパン)受賞歴:2014年グッドデザイン賞

※ 本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標または登録商標です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 「終活で整理したい」「祖父母が残した写真どうする?」思い出のアルバムはデータ化を!

    読者のみなさんは、自宅に何冊のアルバムをお持ちだろうか。独身時代、結婚して子どもができ、さらに孫ができ、その度に撮ってきた写真。… 続きを読む
  • Exif_JPEG_PICTURE
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る