高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2022年10月11日

「キリシタン墓地は高台カンナ燃ゆ」2022年10月入選作品|老友俳壇

老友新聞2022年10月号に掲載された俳句入選作品をご紹介いたします。(編集部)

キリシタン墓地は高台カンナ燃ゆ

櫓木 香代子

かつてのキリシタン迫害を受けた人達です。今は高台に眠っていると思えば悲惨な生涯も救われる思いがします。誇り高く生きたことを称えるようなカンナです。

蜩や遠く去りゆくものばかり

田原 きよ子

遠く去るものとは、過去の出来事の諸々や、作者と縁のある人々などをまずイメージさせます。それが何であるかは読者の想像にゆだねられていますが、何であっても蜩の声が寂寥感をかきたてるようです。

肩書を外れ踊の輪に入る

荻野 徳俊

原句は「外し」でしたが「外れ」にしましょう。「外し」はこの場だけ肩書を取ったとも読めます。この行動は肩書がすでに無い身であるほうがいいと思います。もう世間体を気にしなくていいのです。踊も存分に楽しめます。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る