高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2020年07月08日

「鳥埋めて土に染み入る春の雨」2020年7月入選作品|老友俳壇

老友新聞2020年7月号に掲載された俳句入選作品をご紹介いたします。(編集部)

鳥埋めて土に染み入る春の雨

近藤 貞子

鳥の死を悼む気持を「春の雨」に託した作品。しとしとと降る柔らかい雨水が鳥の骸を包み込むようです。春雨は草木の芽吹きや成長を促す雨です。この鳥の再生を願う心情も読み取れます。

知らぬ間に減りゆくものに雛の菓子

荻野 徳俊

雛あられでしょう。雛飾りの前を通るたびに、一つ二つと摘まみ、いつのまにか数少なくなっていきます。雛あられに相応しい着目です。

柿若葉月のしずくを照り返す

鈴木 とく

樹々の若葉の中でも特に美しいのが柿若葉です。その光沢は格別で、月の光をはね返すほどに照り輝いています。「月光」と言わず「月のしずく」と捉えたことでファンタスティックな美しさが描けています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る