高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2020年04月09日

「なみなみと注ぎし杯の酒の中に己の顔を見るは寂しき」2020年4月入選作品|老友歌壇

老友新聞2020年4月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

なみなみと注ぎし杯の酒の中に己の顔を見るは寂しき

荻野 俊徳

お一人でのお酒でしょうか。それとも、賑やかな場所に居るからこその寂しさでしょうか。しんとした気持ちが伝わります。

二 席

辿り着きし宿より見える立石寺凍星(いてぼし)一つ岩に染み入る

倉澤 登美子

「辿り着きし」にやっと着いたという安堵が滲み出ています。下の句から、寒さと静寂が皮膚を通して伝わってくるようです。

三 席

蝋梅の香に誘(いざな)われゴミ袋両手にさげて道草をせり

宮本 ふみ子

思わず蝋梅の香りのする方に足が向いたのですね。ゴミ袋を下げてという現実的な描写が、情景を明確にしました。

佳作秀歌

如月の使者の如かる水仙の白きを姉の命日に供う

櫓木 香代子

「如月の使者」のような白い水仙。亡きお姉さんの姿も偲ばれます。

もういいか妻の遺品を整理する着ることなかりし衣類もありぬ

稲田 知司

なかなか遺品整理をする気になれなかった作者が、「もういいか」と亡き奥様に尋ねた気持ちがしみじみと伝わります。

桜花咲かせる春風の立ちて一気にかわる花の回廊

岸 慶子

春一番が吹いてそれまでの雰囲気が一変したのでしょう。花の回廊という語が読者の想像を美しくかきたてます

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る