高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2021年05月06日

「落ち葉踏むわが足裏にさわりたるどんぐり幾つか音に声あり」2021年5月入選作品|老友歌壇

老友新聞2021年5月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

落ち葉踏むわが足裏にさわりたるどんぐり幾つか音に声あり

荻野 徳俊

足裏に触れる幾つものどんぐり。それぞれにそれぞれの音があり、それらの音を声と感じた。作者独自の発見があります。

二 席

神さまのおくりものとか物忘れほどほどにありてほどほどに生く

松尾 勝造

物忘れは神様の贈り物。神経質にならず、ほどほどに忘れて生きる事がいいのだという姿勢に、齢を重ねる味わいを感じます。

三 席

杖の人渡りきれるか踏切を自転車止めて無事を見届く

五木田 時子

よく晴れた日の午後という事でしたが、その情報を歌に入れなくても、そんな場の雰囲気を一首は十分伝えています。

佳作秀歌

雲の下に流るる雲か観音様の姿と見えて暫し歩を留む

内野 光子

雲の下にも雲がある。その発見がいいですね。笛を吹きながらゆっくり動いておられる観音様が見えるようです。

あぁだこうだとあまた悩みて現在(いま)がある雛に優しき言葉をかけぬ

山岸 とし子

いろいろ悩みながら現在まで生きてきたと思うと、優しい気持ちになりますね。

幼鳥のしぶきを上げて親を追う白鳥群れてダム湖に憩う

菊地 幸子

ダム湖に群れる白鳥。毎冬の風物詩ながらその時々に新たな発見があります。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る