高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2022年06月02日

「歳月に消されゆきたる思い出をふとも顕たする遠き潮騒」2022年6月入選作品|老友歌壇

老友新聞2022年6月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

歳月に消されゆきたる思い出をふとも顕(た)たする遠き潮騒

松尾 勝造

街に流れる音楽に、その曲が流行っていた頃の思い出が蘇る事があります。潮騒を遠く聞いた時、忘れかけていた思い出がふっと蘇った。「潮騒」が美しいイメージを喚起させます。

二 席

アスファルトの小さき窪みのたまり水ひとつひとつに春の空あり

荻野 徳俊

雨が上がったあとの発見。雨が溜まった小さな窪みひとつひとつに空が映っているとした、明るい春の気分が共感を呼ぶ一首です。

三 席

庭の苔ルーペで覗く深緑 大樹の森が飛び込んできた

岸 慶子

なんといっても「大樹の森が飛びこんできた」が秀逸です。この表現に驚きと嬉しさが溢れています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る