高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年09月06日

介護職の方に現場で使えるアシストスーツを体験! ~腰椎ヘルニアの手術を4回経験した当事者が開発~

アシストスーツ 楽衛門(らくえもん)の無料試着会 

介護職の腰の負担を減らそうと「現場で使えるアシストスーツ」を開発した株式会社ラクエモン(本社:東京都渋谷区、代表者:杉村 清)が、株式会社カイゴメディア主催による介護職向けのアシストスーツ無料試着会を開催しました。腰椎ヘルニアにより4回の手術を経験した当事者が、自ら開発したアシストスーツの販売、レンタルも行っています。

 

【商品概要】
商品名   : パワーアシストウェア 楽衛門
サイズ   : ウエストと身長に合わせて9タイプ
本体寸法  : 高さ850mm×幅300mm×奥行150mm
本体重量  : 約800g ※付属品を除いた場合
アシスト源 : 超ハイパワーゴム
伸長力   : 約30kg
補助部位  : 腰
付属品   : ショルダーパッド・調整股間パッド
価格    : 38,000円(税込 41,800円)
商品詳細URL: https://rakuemon.jp

【購入方法】
購入をご希望の方は、こちらからご購入ください。
https://rakuemon-store.com/01

【レンタルについて】
レンタルは1週間(7泊8日)で、5,800円(税込 6,380円)ですので、「いきなり買うのは不安」、「どんな使い心地か試してみたい」という方は、下記よりお問い合わせください。
https://rakuemon-store.com/rental

介護職の腰の負担を減らそうと「現場で使えるアシストスーツ」を開発した株式会社ラクエモンが、株式会社カイゴメディアと介護職向けのアシストスーツ無料試着会を開催致しました。

高齢化社会の影響もあり、人手不足が深刻な問題となっている介護業界。

離職原因の約半数が「腰痛」というデータもあり、これからますます高齢化になると予想される昨今で「介護職の腰痛軽減」は早急に対応すべき課題といえます。

【開発の背景】
アシストスーツを開発した株式会社ラクエモン代表の杉村清です。

私自身、介護トレーナーをしていた経験があり、その時に腰椎ヘルニアを患いました。一時は歩行困難にもなり4回の手術を経験。「もう社会復帰ができないかもしれない。普通に歩くことはできないかもしれない」という不安の中にいたとき、新聞の紙面で「アシストスーツ」の存在を知りました。「これがあれば、もう一度歩けるかもしれない!」と震えるほど感動したことを今でも鮮明に覚えています。

しかし、当時のアシストスーツは、数十万円と高価で、モーターなどもついているため数キロという重さのものがほとんどでした。とても現場で使うには現実的ではありません。そこで、「自分で介護の現場で使えるアシストスーツを作ろう!」と決意しました。そして4年の月日をかけて、「楽衛門」というアシストスーツが誕生したのです。

【楽衛門の特徴】
楽衛門は、従来のアシストスーツの「高い、重い、複雑」というイメージを覆し「安い、軽い、簡単」を実現。

現場で活用していただけることを第一に作りました。楽衛門のアシストスーツの特徴は、ゴムの力で腰への負担をサポートしている点です。

1.両肩と股間の3点を支点にして、背中の屈曲に対して伸長した超ハイパワーゴムの復元力によって、張力を発揮します。そのため、重たいものを持ち上げる動作や、立ち上がりなどの上下運動の際に腰の負担を軽減します。

2.両肩と股間の3点を支点にして腰を支えているので、「無重力」のように腰が浮き上がり、骨盤の位置が安定するので、安全に作業ができます。

ご使用のポイント

介護職の方への試着会では、介護歴3ヶ月の初心者の方や、介護歴8年のベテランの方にも参加していただきました。

試着会では、体重80キロの司会者をベッドから車椅子へ移乗するという動作を体験していただきました。

介護歴3ヶ月の方は、すでに職場で腰痛を感じるようになっていたそうですが、アシストスーツをつけると、腰が安定して楽になったことや、安心して介護ができると感想を述べていました。

また、小柄な女性も80キロの男性の車椅子移乗を体験しましたが、「楽に持ち上がる」と述べ、男性も「介護される側も安心感がある」と感想を述べました。

介護歴が浅いスタッフや、体型の小柄なスタッフが、安心して介護ができるようになればと思っております。

無料試着会の実際の様子は、こちらの動画でご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=a2Rn9Fy2RbY

楽衛門1

楽衛門のアシストスーツは10秒で装着が完了し、ショルダーベルトの調節でアシスト機能の切り替えができるため、アシスト機能を利用しない時はショルダーベルトを緩め、車椅子移乗やおむつ交換など腰への負担が大きい時は、ショルダーベルトを引っ張ることで、適宜アシスト機能を活用できます。

アシストスーツに使用しているワークパンツの素材は、コットン60%、ナイロン40%のロクヨンクロスを使用しており、耐摩耗性と通気性に優れているため、蒸れを防ぎ長期的に使用していただけます。

さらに、撥水加工、抗菌加工、防臭加工がされており、洗濯も可能なので、汚れが気になる業務にも安心して利用していただけます。

とくに今はコロナ感染拡大により、感染管理、清潔保持も重要な課題となっておりますが、感染予防の面でも優れたアシストスーツといえます。

【お問い合わせ】
その他の問い合わせは下記から受け付けております。
お気軽にご相談ください。
https://rakuemon.jp/contact

弊社は2021年9月1日に、オウンドメディアも開設いたしました。
負担が大きな職業の方に向けて、仕事の負担軽減につながる情報を発信してまいります。楽衛門 Story: https://rakuemon-story.jp

楽衛門2

株式会社ラクエモンは、アシストスーツの開発を通して、高齢化社会による介護士不足や、老老介護問題といった社会問題と向き合っています。
労災による腰痛がなくなり、みんなが活き活きと元気に働ける社会になることが株式会社ラクエモンの願いです。

【会社概要】
株式会社ラクエモン
代表取締役: 杉村 清
所在地  : 東京都渋谷区上原1-3-9
公式サイト: https://rakuemon.jp

 

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る