高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2016年04月09日

組織が個人に圧力!?「口封じ訴訟」とは?

ニュースワード写真2

近年、「嫌がらせ」「見せしめ」「口封じ」などを目的とした訴訟が多くなっています。大きな組織が一個人を相手取って起こす、このタイプの訴訟を、米国では「スラップ訴訟」とも呼びます。日本では2000年代から目立ち始めました。
昨年は、障害者支援施設の職員が、施設内での虐待を通報したところ、名誉毀損で訴えられるという事件が起きました。
いったん提訴されると「被告」は長期間にわたる多大な経済的・心理的負担を負わされます。心労から、「被告」とされた市民が和解を飲まざるを得ない事態も起きています。市民運動の萎縮が懸念されます。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 元気な高齢者を全国へ発信!「ツクバあさん47」(茨城県・つくば市)の活動

    続きを読む
  • 1面「ツクばあさん47」29年5月号写真1
トップへ戻る ホームへ戻る