高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2017年06月28日

真の狙いは…?様々な懸念が渦巻いた「家庭教育支援法案」とは?

ニュースワード「家庭教育支援法案」2

家庭教育支援法案とは子どもの教育について「親が第一義的責任を負う」ことを求めるもの。

この数十年の核家族化により、かつての大家族内で自然に受け継がれきた「家庭教育の知恵」が失われたので、親になる人向けに「学習の機会」を提供するといいます。

「親の第一義的責任」という言葉は2006年の第一次安倍政権下で教育基本法に盛り込まれ、すでに「家庭教育支援条例」が熊本県や茨城県などで制定されています。

親の責任を強調することで給付型奨学金制度や保育・学童施設の拡充のための公的予算削減の「言い訳」につなげる可能性があるので注意が必要でしょう。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る