高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2020年10月09日

「何かを拗ねてる コロナが嫌か 惚れているなら 会いに来い」2020年10月入選作品|老友都々逸

老友新聞2020年10月号に掲載された都々逸入選作品をご紹介いたします。(編集部)

天の位

何かを拗ねてる コロナが嫌か
惚れているなら 会いに来い

福田 浩明

お相手に向かって、拗ねてないで会いに来い、と促していますが、案外嫌われているのかも……。

地の位

麦茶ドクダミ カルピス ミルク
犇(ひし)めき合ってる 冷蔵庫

櫓木 香代子

いざ、という時の備えに。コロナ禍の今年、新しい冷蔵庫を別に一台お買いの御家庭もおあり、とか。

人の位

コロナコロナで 自粛の日々も
スーパー開店 有難い

鈴村 三保子

率直な主婦の感想。日本という国への感謝ですね。

十 客

昼寝目覚めて だあれも居ない
入るそよ風 夏座敷

王田 佗介

季語にもある「昼寝覚め」の感覚。穏やかな暮らし振りが襖、障子を取り外した夏座敷に窺えて平和。

マスク姿の 方丈さんに
佛も頷く 初の盆

手銭 美也子

佛さまもお許しの新盆(あらぼん・初盆)のマスクも今年なればこそですね。

山が万歳しているような
新緑沸き立つ中にいる

向井 智恵子

新緑の山を「山の万歳」と捉える心こそお元気。

忘れられない 両親共に
敗戦 玉音 蝉時雨

高木 まつ

私も集団疎開先の旅館の中庭で小学生として、聞きとれぬラジオに耳を傾けました。蝉時雨の響く暑い暑い日でしたね。

けんかするけど 仲良く二人
達者で金婚 通過点

鈴木 曻

結婚五十年。偕老同穴のお二人にとって正に通過点に過ぎませんね。

ひとめ惚れした 稲穂も実り
心 貴方に ささにしき

惣野代 英子

ひとめ惚れ、ささにしき、共に宮城県誕生。掛け調の手法を上手に使ってお米の銘柄で慕情を詠みましたね。

雨の紫陽花 滴る色香
古寺をめぐって 離れ宿

菊地 幸子

古寺巡りに雨の紫陽花や離れ、と艶っぽく仕立ててお若い。

コロナ流行れば 傘屋がもてる
そんなことわざ出来るかも

岸 慶子

春風が吹けば桶屋が儲かる、の類。原因から結果にたどり着くまで大変。その距離をソーシャルディスタンスと言うのだそうですね。

怖いコロナと言ってもみんな
お出掛けマスクの花盛り

鈴木 とく

「GOTOトラベル」で煽られ、「外出自粛」で止められ……。

送る言葉が 美しければ
返る言葉も 美しい

黒木 弘

正にその通り。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る