高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2021年03月15日

「水仙のエールを受けてウォーキング」2021年3月入選作品|老友川柳

老友新聞2021年3月号に掲載された川柳入選作品をご紹介いたします。(編集部)

天 位

水仙のエールを受けてウォーキング

内田 美也子

水仙の群落は目をうばう程ですね。又、たとえ一輪でも気品があります。選者も心惹かれる花のひとつです。昔、室生犀星(さいせい)先生が「花が食べ物でないということは、何という徳であろう」と詩の中で仰っておられました。

地 位

母が居るだけで足向く里の家

山路 義隆

何の説明も要りません。ただ「おかあさぁん!」偉大な引力です。

人 位

介護士の爪に見惚れる美しさ

王田 佗介

美しい爪は健康であるあかし。人柄まで美しい方でしょうね。美しいものを美しいと感じる心が大切なのですね。

五 客

攻めて来る老いを蹴飛ばすウォーキング

原島 幸男

その意気その意気とエールを送りたくなりました。

豆を煮る亡母の味をたぐり寄せ

中川 栄子

豆を煮るには本当に「根(こん)」が要ります。きっとお母上の味に仕上がったことと存じます。

偶(たま)に来て点数稼ぐわが息子

新井 純一

いいことではありませんか。「点数稼ぐ」がほほえましいですね。

チャレンジへ定年はないなせば成る

阿部 良子

昔は「六十の手習い」。現代では「八十の手習い」もございますね。

誰れも来ぬ一人正月寝正月

岡本 政子

皆が息を潜めているようなお正月でしたね。コロナ禍から一日も早く抜け出せますように力を合せましょう。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る