高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2016年10月28日

受動喫煙 肺がん発生率1.3倍

12313890

受動喫煙者の肺がん発症率は、受動喫煙の環境下にない人の1・3倍と厚生労働省の有識者検討会が発表しました。
受動喫煙と肺がんの因果関係はWHO(世界保健機関)などの研究結果では確実とされてきましたが、日本では受動喫煙者とそうでない人との比較調査で明確な差が出ず「ほぼ確実」という指摘にとどまっていました。
このほど、過去30年間に書かれた9論文を総合解析したところ、「1・3倍」の結果が出たということです。これを受けてがん予防の指針は「他人のたばこの煙をできるだけ避ける」から「他人のたばこの煙を避ける」に変更されます。

%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%a8%e7%b5%b1%e8%a8%88%e5%86%99%e7%9c%9f
報告書(案)は公共機関などでの喫煙を法律で禁じる必要性にもふれています。2020年には東京五輪開催を控える日本。屋内全面禁煙の法制化が求められます。

 

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る