高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2016年12月19日

男性の育休取得率2.65%で過去最高

11678651

2015年度の男性の育児休業取得率が2・65%と、調査を開始した96年以降では最高になりました。
育児休業給付金が、休業前賃金の5割から6割にアップした影響も指摘されています。「男性の育休取得率を2020年までに13%へ上げる」というのが国の掲げる目標ですから、あと10ポイント分の上昇が必要となります。

%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%a8%e7%b5%b1%e8%a8%88

平均取得期間は「5日未満」がもっとも多く、全体の半数以上を占め、「1カ月未満」の取得が全体で8割という結果でした。復職後も時短・フレックス勤務、残業免除などの制度を利用しながら、「持続可能な育児」のための環境を労使で整えることが大切でしょう。
日本労働組合総合連合会(連合)の2014年の調査では、育休取得のカギは、「上司や同僚の理解」「経済的保障性」「代替要員の確保」であることが指摘されています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 元気な高齢者を全国へ発信!「ツクバあさん47」(茨城県・つくば市)の活動

    続きを読む
  • 1面「ツクばあさん47」29年5月号写真1
トップへ戻る ホームへ戻る