高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2016年07月08日

犬・猫の犠牲過去最多!動物虐待事件が56件

くらしと統計の写真

2015年度における、犬や猫などの動物虐待(動物愛護法違反)事件が56件と過去最高だったことがわかりました。
56件の内訳は、動物を置き去りにする「遺棄」が27件で最も多く、殺したり傷つけたりする「殺傷」、暴行や餌を与えないなどの「虐待」が12件となっています。動物は猫が34件、犬20件でした。

くらしと統計の図

先日は、東京都墨田の「猫カフェ」が、不衛生で狭い面積に大量の猫を飼っていたとして、全国初の行政処分(1カ月の業務停止命令)を受けました。
近年は、インターネットで気軽に見られる動物動画などの影響により、空前のペットブームです。気軽に飼い始めたけれど、世話が大変で、手放したいという場合は、里親と犬・猫の養子縁組仲介をするNPOやアニマルシェルターなどに相談しましょう。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 元気な高齢者を全国へ発信!「ツクバあさん47」(茨城県・つくば市)の活動

    続きを読む
  • 1面「ツクばあさん47」29年5月号写真1
トップへ戻る ホームへ戻る