高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

玉木正之のスポーツ博覧会

玉木正之のスポーツ博覧会

2019年07月29日

女子マラソン界の名伯楽で「異端児」 小出義雄氏の死を悼む

女子マラソン界の名伯楽・小出義雄氏が亡くなった。享年80歳。戦争の最中の生れだと知って、改めて驚いた。彼は、まだ軍隊式猛特訓が主流だった戦後日本のスポーツ界で、笑顔で楽しく練習させた最初の指導者だった。

言わば異端児。だから陸上界主流の男子長距離のコーチは行えず、女子選手を教えたのだろう。しかも、有森裕子、鈴木博美、高橋尚子など、小出氏が見事に育てた五輪や世界陸上のメダリストたちは、誰もが中高校時代には無名だった選手ばかり。

過去に何度か、練習場所やパーティーの席で新聞記者と談笑されていた時に、その輪に加わってお話を訊くことができた。お酒が好きな小出氏が「酒呑みは顔を見ればわかるな」と笑顔でおっしゃったので「足の速い選手も顔で分かりますか?」と訊いたところが、「顔じゃわからんよ」と答えられた直後、「でも、走る姿を見ればわかるね」とおっしゃった。「今は『かけっこ』をしても遅いけど、将来速くなる選手というのは、走る姿を見れば、わかるんだな。そういう選手のタイムがあがってくるのを見るのは嬉しいね」

小出さんは、マラソンも含めた競争を表すのに、「かけっこ」という言葉を使われていた。「かけっこは、誰でも速くなりたいよな。速くなったら嬉しいよな。だから俺は、みんなが嬉しくなる手助けをしてるんだな」

誰もが標高千五百m程度で高地トレーニングをしているときに、小出氏は3千m近い高地を選んで走らせた。「悪い環境で走らなきゃダメ。本番の時の環境も良いとは限らないんだから」

最先端の科学的練習も、赤血球の増加には……などと言わず、誰もがわかる言葉で語られた。彼の残した指導法を引き続き発展させてほしい。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

玉木 正之
  • スポーツライター 音楽評論家 小説家

新聞や雑誌で執筆・評論活動を展開するほか、TV・ラジオ番組に多数出演。主著に『スポーツ解体新書』『不思議の国の野球』『オペラ道場入門』他多数。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る