高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2018年01月22日

「遥かな道のり我が人生に 信じる心と思いやり」2017年12月入選作品|老友都々逸

老友都々逸 eyecatch_dodoitu

老友新聞2017年12月号に掲載された都々逸入選作品をご紹介いたします。(編集部)

天の位

遥かな道のり我が人生に
信じる心と思いやり

天野 よし江

自分が他人(ほと)を、他人(ひと)が自分を信じ思いやってこそ、長い人生を渡ることが出来ました。「遥かな」が生き抜いた人生の豊かさを感じさせます。

地の位

白い狐にまた騙されて
党を出てから迷い道

福田 浩明

政党が、まるで良くないことを企てる徒党のように見える作者には、白狐に騙されている様に感じるのでしょう。つらい政治不信ですね。

人の位

信州よいとこお蕎麦と鮎の
夕餉たのしい膳の上

三橋 ユキ

夏蕎麦と秋蕎麦がありますが、黙ってソバなら秋ですね。日常を素直に描写しました。

十 客

月にうかれて恋人さがし
ほろ酔いきげんの秋の虫

松本 タケ

イソップ物語の、せっせと働くアリより、こんなキリギリスで居たいな、と思う夜もありますよね。

鏡のぞけばイケメンひとり
白髪頭に白いヒゲ

山田 浩司

ご自分をイケメンとおっしゃる自負こそ生命力の源。下の句の諧謔(かいぎゃく)こそ人生の潤滑油となるユーモア。

一ひら三ひらと柿の葉落ちて
成っていた柿顔を出す

勝亦 はる江

歳はいらない此の儘いたい
恋の一つもしてみたい

黒木 弘

今日は楽しいいきいきサロン
映る鏡に紅をさす

高木 まつ

風がそおっと涙を拭(ぬぐ)い
負けた喧嘩の子の味方

大西 和子

今朝の急冷冬着はどこだ
しまい忘れて出る嚔(くしゃみ)

大石 志津江

何もいらない元気な顔が
母に嬉しい土産物

飛田 芳野

夜中に目覚めて眠れぬ夜は
遠い昔を巻き戻す

向井 智恵子

公孫樹(いちょう)並木の銀杏拾い
気にもならない手の臭い

宮本 ふみ子

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

オーディオサウンド
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る