高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2019年10月18日

「母はお客の 接待ばかり それで嬉しい 秋祭り」2019年10月入選作品|老友都々逸

老友新聞2019年10月号に掲載された都々逸入選作品をご紹介いたします。(編集部)

天の位

母はお客の 接待ばかり
それで嬉しい 秋祭り

飛田 芳野

純粋に、ただただ嬉しいのです。

地の位

レシピ通りに やったら出来た
一人ぐらしの ゆでタマゴ

山田 浩司

「ゆで卵」にレシピは不要かとも思いましたが、歌調の佗びしさにひかれます。

人の位

人目引くよな 色気はないが
粋な浴衣の 夏祭り

惣野代 英子

いいえ、作者の心意気が夏を際立たせた筈です。

十 客

勝つと信じて 両親共に
八月終戦 蝉時雨

高木 まつ

国土決戦になっても勝つと思っていました。玉音放送は蝉時雨の中での国民皆の大涙でした。

老いの楽しみ 都々逸捻(ひね)る
拙(つたな)い語句(ことば)で 仲間入り

冨田 いつ子

都々逸作りが生活の一部になられたご様子。

大正生れが 戦時を越して
令和時代に 福を呼ぶ

岩崎 ますゑ

明治・大正・昭和・平成・令和。元号は天皇家のことでありながら我々庶民は泣き笑いの中で、命がけで、愉快に暮らしてきましたね。

今日は くもり日 緑の風で
エヤコンつけずで 心地よし

勝亦 はる江

「エアコン」でなく「エヤコン」が嬉しい。

人工透析 通院バスの
患者和ます 運転手

王田 佗介

乗客も運転手さんも苦労人なのですね。

生きているのも しんどいけれど
死ねと言われりゃ 腹が立つ

鈴木 とく

全くその通り。他人(ひと)に言われりゃ腹が立つことってずい分ありますね。

みの虫集めて 作ったバッグ
懐かし思い出 昭和の代

鈴村 三保子

「みの虫バッグ」を見たことが無いので直感で。女の子が大人の持ち物に憧れて作ったママ事遊びの延長か、とも思いまとましたが…。全く的外れで「みの虫バッグ」は超高級品なのかしら…?それにしても「みの虫バッグ」とは素晴しい!

ポニーと戯れ 遊んだ孫も
曾孫五人の 親となる

黒木 弘

ポニーは肩まで147センチの小格馬。身近にポニーの居る風景に四世代の生活があったのですね。スゴイ!

真夏 風邪ひき 茣蓙敷き伏せた
読む気 書く気も 起こらぬ気

大石 志津江

(お大事に)結句を態(わざ)と「起こらない」にせず「起こらぬ気」にしましたね。

つの字 くの字の きゅうりを並べ
味はいいよと 友自慢

向井 智恵子

胡瓜の形容に丁度合う平仮名の「つ」と「く」を見つけてくれて感謝しています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る