高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2020年03月25日

「今日の一日も 感謝に暮れて 家族笑顔の 夕餉膳」2020年3月入選作品|老友都々逸

老友新聞2020年3月号に掲載された都々逸入選作品をご紹介いたします。(編集部)

天の位

今日の一日(ひとひ)も 感謝に暮れて
家族笑顔の 夕餉膳

惣野代 英子

ドボルザークの新世界「家わざ路」「今日の業をなし終えて…いざや楽しき円居(団欒)せん」の日本版。羨し。

地の位

近くに居ながら 会うことなしの
眼鏡つないだ両の耳

向井 智恵子

同じ役目を果たしながら近くに居ながら、耳子・耳夫は相見ることが無い、と今更ながらのことを滑稽歌風に仕立てましたね。

人の位

祝う新年 二輪の梅が
初日に向かった 夫婦咲き

勝亦 はる江

いかにも「夫婦咲(めおとざ)き」と呼ぶに相応(ふさわ)しい咲きっぷりの梅、そう受け止めた作者の喜びがよく伝わっています。

十 客

桜を見る会 中止にしても
消えずたなびく 春がすみ

岸 慶子

中止したって国民には春霞の中の疑惑はぬぐえて居ません。透いて見えますね。

親に貰った本名よりも
雅号身につく五十年

飛田 芳野

短詩型文芸に長く拘(かかわ)っていらした御経歴に心から敬意を表します。

千両万両 実も鮮かに
生ける日数える 年の暮

手銭 美也子

数え日となった師走に正月のお飾りのことを想う楽しさ。

いくつになっても 故郷はいいな
母の愛情 陽の匂い

王田 佗介

小学唱歌「故郷(ふるさと)」。「うさぎ追いし・山はあおき・水は清き・思いいずる」そして母上様の愛と陽の匂い。(いいなあ)

父の故郷(ふるさと) いとこも逝って
距離がますます遠くなる

秋広 まさ道

都会に住む人間に共通した感覚の一つですね。

生きて行くのに ちょっとやたんま
そんな日がありゃ いいのにね

岡本 政子

遊びの中での真剣さが「ちょっと」や「たんま」にはありますね。人生には、やり直してみたい日々がありますものね。

今日も一日 穏やか暮らし
笑う門には 福がくる

高木 まつ

「笑門来福」。日々こうありたいですね。

雪の新潟たっぷりつもれ
秋の収穫コシヒカリ

山田 浩司

雪の多い年の秋は豊年とか。佐渡おけさの情緒が漂っています。

いよいよ令和も二年となった
今年は災害 来ぬ様に

鈴木 三保子

ホントにそうですね。

かっとなっても黙ってこなせ
嫌な仕事も挫(くじ)けずに

黒木 弘

若い人に向けての応援歌。ご自分の苦労をバックにしたお作ですね。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る