高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2018年01月12日

「紙人形目鼻もらへぬ寒さかな」2017年12月入選作品|老友俳壇

老友俳壇

老友新聞2017年12月号に掲載された俳句入選作品をご紹介いたします。(編集部)

紙人形目鼻もらへぬ寒さかな

清野 佐知子

紙人形は目や鼻が描かれていないのが多いのですが、それを「もらへぬ」と捉えた作品、哀切感が強く伝わります。形は人間でも所詮は人形です。

秋灯や子の居る家のとびとびに

王田 佗介

昔はどの家も子供が居たように思いますが、少子化の昨今は「とびとびに」でしょう。夕暮に灯があり、子供の声がする家の前を通ると心が温まる思いがします。

乱菊や終の住処を決めかねて

桜井 美智子

人生の最後を何処で迎えるかに迷う気持、来し方の清算にも似た思いでしょう。この心情をかきたてるように菊の花が乱れ咲いています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る