高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

医療と健康

2018年05月08日

「緊張」をプラスに評価

kokoro05

新入社員が入って来た際に、緊張している新人に何か一言かけてあげたいと考えている方は多いのではないでしょうか。同じ職場で働くようになったのも何かの縁。せっかくですから、期待と不安を抱えた新人に、今後の人生に希望がもてるような言葉かけをしてあげたいもの。

さて、緊張している新人に「最初は緊張するものだよ。気にせず前向きに頑張れ」と声をかけるのはどうでしょうか。言っている本人は本当にそのつもりで声をかけていますし、声をかけられた新人もそれは十分にわかっています。

しかし、悩みを否定されたような気分になる一面もあることは否めませんし、また、不安の解消にはつながらないでしょう。

一方、「緊張しているのは、それだけ真剣に仕事を捉えているからだね」と言われたらどうでしょうか。緊張しているという側面は事実として、それを良い方向で捉えています。このようにアドバイスすると、言われたほうも気付くことがあり、前向きになれるかもしれません。

最後に、著名人たちの名言を紹介しておきましょう。新人でなくても役立つ言葉ですね。

「成功した人間になろうとするな。むしろ価値のある人間になろうとせよ」――アインシュタイン

「まずは、就ける仕事につき、誰よりもうまくやることだ。将来のことや他人の就職先のことは気にする必要などない。目の前にある仕事を誰よりもうまくやることを考える。そうすれば周囲の人は評価をしてくれ、より良い仕事が回ってくる」――ルイス・ガースナー(アメリカン・エキスプレスCEO)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

山本 晴義 医師
  • 心理カウンセラー

日常よくある心の悩みについて、山本先生が解説します。心を健康に保ち、毎日健やかに過ごしましょう!

健康への不安や悩みはありませんか?

健康にまつわるご相談を募集しております。医療法人社団同友会理事長がわかりやすくお答えをいたします。

読者投稿の募集はこちら


見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る