高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2015年07月01日

「夏バテ」の症状と予防・暑さは自律神経を不調に

AdobeStock_46475085

暑い夏がやってきた。今年も早い時期から各地で夏日や猛暑日を記録しており、すでに夏バテ気味の人もいるのではないだろうか。暑さはこれからが本番、夏痩せなどしないように、今のうちからしっかりと夏バテ対策をしていただきたい。今月は夏バテについて、多く見られる症状や予防法などについてまとめてみたので参考にしてほしい。

そもそも「夏バテ」とは何であるのか。人の体内では、心臓をポンプのように動かして血液をめぐらせたり、肺で呼吸をして酸素を取り入れ二酸化炭素を排出したり、食べた物を胃で消化し腸で栄養分を吸収したり、生きるうえでさまざまな仕事が行なわれている。それらの仕事は我々が意識する事なく自動的に行われているものであるが、その仕事をうまくコントロールしてくれているのが自律神経というもの。夏バテとは、暑さによってこの自律神経の働きが乱れることで、さまざまな身体の不調が現れるものである。

自律神経の乱れによって引き起こされる夏バテの症状とはどのようなものか。誰もが経験をしている症状かもしれないが、紹介しよう。

まず食欲の不振。自律神経の働きが乱れると、胃腸の働きも弱まってしまう。そのため食欲が失われてしまう。

食欲がなくなると体力も落ちてしまい、体のだるさや疲労感も現れる。また、暑さのため睡眠不足にも陥りやすく、さらに疲労が蓄積されてしまうのだ。

食欲がないために、水分ばかり口にしたり、そばやそうめんなど、冷たくて口当たりの良いものばかりを食べ続けてはいないだろうか。冷たい水分を取りすぎるとおなかを壊し、下痢をして、脱水になり夏バテが進行してしまう。また食事が偏ると必要な栄養素が補給できずに体力がおちて、また夏バテが進行してしまうのだ。

また、暑い時に汗をかくのは、体にたまった熱を放出して冷やすためであるが、この汗をコントロールしているのも自律神経である。自律神経の働きが乱れると、汗を上手にかけなくなり、体に熱がたまってしまうのだ。

以下に、夏バテをしやすい生活習慣をまとめてみた。当てはまる項目が多ければ多いほど夏バテしやすいといえる。夏バテが進行すると、体力や抵抗力、自律神経が不安定になるために、夏かぜなど、別の病気を引き起こすこともあるので注意が必要だ。

夏バテになりやすい生活習慣

  1. 食事はそば、そうめん、うどんなど麺類が多い
  2. つめたいジュース、炭酸飲料、ビールなどを食事代わりに多くとる
  3. 汗をかかない
  4. 体をあまり動かさない
  5. 暑い外と、冷房の効いた涼しい室内とを頻繁に出入りする
  6. 入浴の際、ゆっくり風呂につからず、シャワーだけで簡単に済ます
  7. 夜更かしが多い

次に、夏バテをせずにこの夏を乗り切るためのコツ、夏バテ防止法についてまとめてお伝えしよう。

夏バテをしてしまう原因が、自律神経の働きの鈍り・胃腸の働きの低下・食欲の低下・栄養の不足、偏り・疲労蓄積という流れであるため、それらの原因について一つ一つ対策をとれば良い。

自律神経の働きの鈍りを防ぐこと。これはまず冷房の効き過ぎに注意することだ。オフィスやデパートなど、自分で冷房の温度を調節できないような場合には、ひざ掛けやカーディガンなどをうまく利用して冷え対策をすると良いだろう。また、暑いときに、しっかりと汗をかけるようする訓練も必要である。適度な運動をして汗をかくのが良いが、もちろん熱中症に注意をする必要がある。涼しい時間帯にウォーキングやストレッチ体操をするなど、できる範囲で体を動かすことが大切だ。それにより食欲の増進にも繋がる。

次に胃腸の働きの低下を防ぐこと。これは冷たい飲み物を飲み過ぎないように注意することだ。もちろんこの時期、熱中症や脱水を防ぐためにも、水分補給は大切である。要は、水分の取り方に注意をする必要があるのだ。たとえば、冷たい飲み物や甘いジュースばかりではなく、暖かいお茶などを飲むと良い。また一気に大量の飲み物を接種するのは良くない。少しずつ、こまめに水分補給をすること。

そしてしっかりと食事をすること。夏はビタミンやミネラルなど、体の調子を整えるのに必要な栄養素が失われやすく、疲労の蓄積にも繋がる。バランスの良い食事を心がけることが大切だ。疲労回復に良いビタミンB1、B2、クエン酸などを多く含む食材である豚肉や、納豆、豆腐などの豆類、うなぎ、いわし、ゆず、レモン、梅干などを積極的にメニューに取り入れていただきたい。

そして最後に疲労を溜めないこと。それにはしっかりと睡眠をとることが重要である。一日の終わりにリラックスをするためには、やはりシャワーだけではなく湯船につかりたい。ぬるめのお湯にゆっくりと入り、疲れとストレスを解消する。

熱帯夜などは誰でも寝付きにくくなるもの。そのような時にはやはりエアコンを上手く利用することだ。一晩中つけっぱなしにしてしまうと、真夜中の外気温が下がった頃に冷えすぎとなってしまい、それが自律神経の働きを弱めてしまう原因となる。そこで眠りにつく少し前からエアコンをつけて、室温を28度くらいに保つ。そしてオフタイマー機能を利用して、2~3時間後に自動でオフになるようにすると良い。

最も良くないのは、エアコンや扇風機の風を直接体に当てること。これは体の表面の熱が奪われ続け、体は体温を奪われないように一晩中熱を発し続けなければならない。これでは寝ているのにもかかわらず疲労が蓄積してしまう。また水分も奪われ続け、脱水状態に陥る危険もあるので注意が必要だ。

以上のように、夏バテとは日頃の生活習慣を見直すだけで防ぐことができるもの。まだ夏ははじまったばかりで、暑さはこれからが本番。今のうちから夏バテしにくい体にして元気に乗り切っていただきたい。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 広がる「高齢者家庭のゴミ出し」支援~NPO法人「花たば」の活動と仕組み

    ここ数年、高齢者家庭のゴミ出し支援を行う自治体や団体が増えている。… 続きを読む
  • 花たば図1
聴力補助器Choju 耳が遠いご家族へのプレゼントに最適
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る