高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2018年10月04日

日本は性教育後進国?「性教育バッシング」とは

ニュースワード「性教育バッシング」

学校での性教育を否定しようと、保守系の政治家などが圧力をかけること。

今年3月には東京都足立区立中学で行われた性教育に「学習指導要領に照らして問題だ」という意見が都議会議員から出されました。
これまでにも、厚生労働省外郭団体の性教育パンフレットが回収されたり、都立養護学校で性教育を行った教員が大量処分される事件が起きています。

「子どもに性知識を与えると性交体験年齢が早まる」「性病が広まる」といった意見が多いものの、根拠はありません。性交体験年齢は性教育により、むしろ遅くなるという調査結果をユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が発表しています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る