高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2016年07月06日

「スフィアプロジェクト」とは? ~トイレ個室男女比1:3等の基準も

スフィアプロジェクト

「スフィアプロジェクト」とは、「人道憲章と人道対応に関する最低基準」と訳されます。

紛争や大規模災害の発生地で活動してきた国際赤十字などが1997年に開始したプロジェクトです。避難所の環境や支援物資について「誰に何がどの程度」必要か「最低基準」を示したハンドブックが有名です。

「給水・衛生」「食糧確保」など4つの項目ごとに示されており、一例を挙げると「トイレの個室の男女比は1対3」「給水所での水汲み待ち時間は30分まで」「性暴力被害者にはカウンセリングのうえで『緊急避妊』を」といったようなもの。これまでの避難民からの意見が反映されており、説得力があります。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 健康維持の鍵はウォーキングの継続!日本1周8955㎞が目標?バーチャル日本一周「歩こうかい」の活動

    続きを読む
  • 14125287
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る