高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2022年02月02日

借金が増えた場合、借金の保証人になった私の保証責任も増えるのでしょうか?

私はAさんの借金の保証人になっており、借入時の保証金の内容は100万円の返済についての保証でした。

保証契約を締結した後、Aさんが一部20万円を返済した場合、その結果、私の保証責任が80万円に減少することはわかります。ですが、たとえばAさんが保証契約締結後、更に20万円借り増し120万円の借入となった場合、私にも120万円の保証責任はあるのでしょうか。

答え

そのようなことはありません。一度成立した時の保証内容が保証人の責任の重い方向で変更されたとしても、あなたの責任は最初に行った保証の内容の範囲で責任を負うことになります。
上記のように金銭借入の保証の場合は、根保証契約を締結し、極度額を定めなければなりませんので、100万円の範囲での保証責任を負担すればよいのです。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る