高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2019年11月18日

「お目々パチクリちこちゃん怒る ポーと生きて いちゃだめよ」2019年11月入選作品|老友都々逸

老友新聞2019年11月号に掲載された都々逸入選作品をご紹介いたします。(編集部)

天の位

お目々パチクリちこちゃん怒(おこ)る
ポーと生きて いちゃだめよ

仲野 まつ乃

NHKテレビの人気番組「チコちゃんに叱られる」。この様に優しく叱られたら?

地の位

スマホ片手の ハンドル捌(さば)き
一つ間違や 地獄行き

鈴木 とく

「ながらスマホ」のうち最も悪質。他をも巻き込む危険性があるから。

人の位

自然災害 さわいで見ても
どうせ地球は 土の球(たま)

小林 良一

月も星もみんな「土の球」なのでしょうが、表現にトボケた味わいがあって愉快。

十 客

長い年月 支えてくれた
足に感謝の マッサージ

鈴村 三保子

手も顔も頭も…みんな感謝ですね。

姉は母似で 弟父似
私叔母似で 手八丁

櫓木 香代子

「口八丁」は言わずに置いた訳ですね。

かわるがわるに 老犬なでて
リュック背負った 塾帰り

向井 智恵子

おとなしい老犬に受験戦争の戦士達も、ひと時心を癒されるのでしょう。

妻の手料理 笑顔のお酌
酒は明日への 力水

惣野代 英子

差しつ差されつ。「家飲(いえの)み」が一番ですね。

両手突き上げ 目ざめの呼吸
気分満足 今日の幸

岩崎 ますゑ

一日の気分は朝の幸福感で充実するのですね。

嫌な予感が 的中しそう
令和が冷和に なる時代

王田 佗介

嫌な予感は人の心か、世間の風潮のことか?令に「にすい」を付けた年号への揶揄が効いています。

聞くも唄うも 軍歌で気勢
変えたリンゴと 青い山

大石 志津江

戦中から戦後への流行歌の流れ。「出征兵士を送る歌」「戦友」…などから「リンゴの唄」(並木路子)「青い山脈」(藤山一郎・奈良光枝)ですね。

枕元から流れる歌は
誰か故郷を想わざる

高木 まつ

音量を抑えて枕元のラジオ?から流れる懐かしい歌は霧島昇歌う、西條八十作詞の古賀メロディです。

富士もきれいに 東の山も
稲刈日和の いい天気

勝亦 はる江

富士山に見守られつつ好天の稲刈は日本人の喜びですね。

すべて花まる ぬり絵のタイム
決めた秋色 はしゃぐ老

静岡県浜松市・冨田いつ子

ハナマルが嬉しいのは老いも若きも、ですね。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る