高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2021年03月22日

「雪の故郷老いたる母を みんなが案じてする電話」2021年3月入選作品|老友都々逸

老友新聞2021年3月号に掲載された都々逸入選作品をご紹介いたします。(編集部)

天の位

雪の故郷(ふるさと) 老いたる母を
みんなが案じて する電話

惣野代 英子

それぞれに世帯を持ち、それぞれの土地で暮らしては居ますが、雪国に住む母上を案じていますね。

地の位

今日の始まり おいしいお茶で
いつもありがと お嫁さん!

冨田 いつ子

お孫さんのお嫁さんでしょうか。結句の呼び掛けがとてもいい。外に向けては「うちのお嫁ちゃん…」と言っているのかも…。

人の位

道を歩けば カラフルマスク
マスクがファッションショウになる

鈴村 三保子

自家製のマスクの似合う方も多いようですね。

十 客

出合いがしらに 車と私
一歩さがって 手信号

菊地 幸子

「手信号」という言葉があるのですね。表現力のある用語ですね。

行司軍配 固唾をのんで
形特技は 肩透かし

高木 まつ

大相撲の物言いでのスローモーションによる場面でしょうか。

テレビの初まり 街頭テレビ
上野公園 人の波

天野 照華

テレビ放送の初期。確かに街頭テレビや街頭討論会などがありましたね(遠い昔…)。

大笑い いつも楽しいデイケアで
ハックション入れ歯がとんでった

岡本 政子

五字冠(かむ)りの「大笑い」が単なる説明ではない点に注目したい。二句目がきちんと七音であると一層よくなります。

習いましたネ お金を掛けて
チャンス無かった 英会話

山田 浩司

ジープに乗った駐留米軍が…。私はまだ小学生低学年で「ギブミー~」と、さもしい手を出して居ました。「向う通るはジープじゃないか見ても軽そなハンドル捌き…」(ニュー東京ソング)。

誰も来ないで 一年すぎた
かわりの物が つぎつぎと

藤本 洋子

お身内(人間)は誰も来ず、代わりに物だけが届いてくる寂しさ。判りますね(リズム、再考されたし)。

やがて抱けるよ 娘の嬰児
ビデオカメラを 買って待つ

王田 佗介

「嬰児」は「みどりご」ですが、口語を主とする都々逸には不向き。「子供」か「こども」が良いでしょうね。

曾孫八人 揃ってまぶし
越した背丈に お年玉

大石 志津江

今回は曾孫さんへのお年玉の作が沢山ありました。

古代紫 振袖映えて
夫にも見せたい 晴れ姿

手銭 美也子

ご自身でお召しになったのでしょうか。それともお孫・曾孫さんの成人式姿?「夫」を「ツマ」と文語風に詠ませることは都々逸では禁じ手の一つですから「も」を取って「夫に(あなたに)」としましょう。

逝くはちっとも 辛くはないが
おまえと別れはまだ辛い

黒木 弘

こんな程度の言葉で不倫をしていても奥さんは騙されませんぞ。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る