高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

医療と健康

2021年03月22日

カウンセラーとの関係作り

心の病にかかったときなどに受けるカウンセリング。聞いたことはあるけれど、実際にどのような効果があるのか、気になっている人が多いのではないでしょうか。うつ病を例にとってお話しましょう。

気分の落ち込みや、興味の減退などの症状が2週間以上持続し、日常生活に支障をきたす状態がうつ病です。
うつ病は、休養と薬物療法によって、抑うつ気分を取り去り、生活リズムの乱れを改善します。さらに、休養と薬物療法で症状が落ち着いたら、再発を防ぐため、病になった経過を自分自身で把握して対策を講じます。その際、有効なのがカウンセリングなどの心理療法です。
そのため、ある程度、気力や体力が復活し、考えて話せる状態であることが条件です。これまでの生き方、働き方、自分の性格や考え方などを見直し、場合によっては修正も必要となる、ある意味つらい作業になります。実際の効果はどうなのでしょうか。

相談者はカウンセラーに自分の気持ちや状況を話し、カウンセラーはそれを理解しようとします。そのプロセスの中で「わかってもらえた」という感覚を持てることが必要です。自分のことを語った相手と信頼関係を築くことにより、自分の気持ちや行動パターン、考え方の癖に気が付いていきます。さらに、カウンセラーのアドバイスも取り入れながら今後、どのように生き、働いていくかまでを考えていきます。

カウンセリングの効果は、数々の実証研究で確認されています。うつ病に関しては、明確な効果が示されています。上手に取り入れることができると、とても効果的です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

山本 晴義 医師
  • 心理カウンセラー

日常よくある心の悩みについて、山本先生が解説します。心を健康に保ち、毎日健やかに過ごしましょう!

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

健康への不安や悩みはありませんか?

健康にまつわるご相談を募集しております。医療法人社団同友会理事長がわかりやすくお答えをいたします。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る