高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2022年06月13日

「花吹雪核持つ国のある地球」2022年6月入選作品|老友川柳

老友新聞2022年6月号に掲載された川柳入選作品をご紹介いたします。(編集部)

天 位

花吹雪核持つ国のある地球

王田 佗助

桜の花が一斉に散る、美しくも儚い光景。核爆弾所持の国を巡るいがみ合いを見て、無常感にとらわれるでしょうか。心情描写を省いたのが効果的。

地 位

夢ならば醒めてくれるなこの平和

本庄 一郎

不穏な世界情勢の中、曲がりなりにも平和を実感する日常。本当は眠り込んでいないのに「夢ならば醒めるな」と叫ぶ、不条理表現が切なく迫ります。

人 位

無人駅主の顔して初つばめ

櫓木 香代子

駅員不在でも、つばめが存在感を示す駅。人間と野生の動物との関係がユーモラスに描かれていますね。季節感も盛り込まれて、おしゃれな一句。

五 客

クラス会未完の恋に会いたくて

山路 義隆

懐かしいメンバーの集まるクラス会。お目当ては、初恋の人か。それを「未完の恋」と位置づけたのがお手柄ですね。

疫病よ去れと鶯の谷渡り

倉澤 登美子

清々しい鶯を眺めるにつけても、長く続き、ウンザリする「疫病騒ぎ」に終止符をとの気持ちが湧く。共感を呼びますね。

袋いっぱい母の手紙が笑ってる

森井 睦子

筆まめなお母さまから届く手紙。心の支えになりますよね。「笑ってる」と擬人法を駆使し、親子の愛情がにじみます。

このさくらどうして春を知るのやら

栗村 正

春になるとどの桜も開花するわけですが、その「当たり前」に改めて疑問を抱く、若々しい発想がユニークです。

コロナ文字早く消したい紙上から

鈴木 とく

日々目にする活字に「コロナ」があるおかげで、びくびくに付きまとわれた暮らし。もうたくさんとの叫びが切ないです

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る