高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2020年11月05日

「怠るにあらねどひと日無聊にて過ぎたることを今宵も嘆く」2020年11月入選作品|老友歌壇

老友新聞2020年11月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

怠るにあらねどひと日無聊(ぶりょう)にて過ぎたることを今宵も嘆く

松尾 勝造

怠けている訳ではないが、一日中何をするでもなく過ごしてしまった、という所在なさが共感を持って伝わります。

二 席

夕焼けに縁取りされた亀がいて帰路には大き恐龍二頭

小川 説子

行きと帰りの雲の形を、子供のように柔軟な発想で表現しました。「夕焼けに縁取りされた」が印象的です。

三 席

土砂を積む大型ダンプの切れ間なく猛暑の街道熱風の湧く

勝亦 はる江

工事のため、家の前の道路をダンプカーが10台20台と続いて走る光景。暑さがいや増すさまがよく伝わります。

佳作秀歌

縄跳びの少女まばゆし飛び跳ねる影濃く長く夕陽が映す

荻野 徳俊

縄跳びをする少女の姿が美しいシルエットとなる夏の夕暮れ。映画のような情景が浮かびます。

足袋底にひと日の疲れ広がって朝の生気を吸い取ってしまう

岸 慶子

昨日の疲れが残る足袋を履いた朝の感慨と読みました。大変だった昨日の作業を思わせます。結句の字余りも効果的です。

病棟の六階の窓より街眺め我が家の屋根を探しておりぬ

王田 佗介

入院病棟から、つい我が家のあるあたりを探す作者の心細い思いが伝わります。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る