高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2021年10月04日

「雲の影干竿の上を移るとき蜻蛉すばやく身をかわしたり」2021年10月入選作品|老友歌壇

老友新聞2021年10月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

雲の影干竿の上を移るとき蜻蛉(とんぼ)すばやく身をかわしたり

荻野 徳俊

雲の影を敏感に察知して飛び立ったのでしょうか。蜻蛉の何気ない様子をよく観察して詠っておられます。

二 席

うち寄せて崩るる波の音遠し独(ひと)りの夜よ何もかも過去

松尾 勝造

「波の音」とすれば「聞こえる」は不要です。結句「何もかも過去」に作者の思いが凝縮されています。

三 席

玉音を聞きし仲間は皆逝きて令和の八月十五日ひとり

多田 シズモ

終戦の日を共に迎えた仲間は皆逝ってしまった。作者の八月十五日は、しみじみ「ひとり」なのです。

佳作秀歌

初夏(はつなつ)につばめ飛び交う日暮れ時遠くどこかで蝉の声する

小野塚 道恵

つばめが飛び交う初夏に、早やどこかで蝉が鳴いている。季節の重なりに心動かされます。

砂浜に寝ころび見上げる満天の星に昼間の暑さ忘れる

坪内 榮子

夕食後、浜に出て家族や近所の人と涼みます、と作者。風もまた心地良い事でしょう。

真白なる横断歩道の縞乱れコロナの朝を人渡り行く

福田 浩明

「横断歩道の縞乱れ」という着眼がいいですね。コロナで家に、と言われても出勤する人は大勢いるのですから。

あぶら蝉声を聞くたび暑さ増す短き命おもいきり鳴け

藤澤 忠男

「声を聞くたび暑さ増す」と思ってはいても、たった七日の命を思いやっています。結句「おもいきり鳴け」に胸を打たれます。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る