高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年01月12日

空き家問題に「片づけながら買取る」新たな選択肢

【モノ・ループ株式会社『空き家のなかみ まるっと買取サービス』開始】
モノ・ループ株式会社(本社:愛知県江南市、代表取締役社長:平野孝典)が運営する、古物卸売業「MONO LOOP(モノ・ループ)」は、2021年1月8日(金)より『空き家のなかみ まるっと買取サービス』を、東海3県および北陸で開始いたします。

https://monoloop.jp/akiya/ より抜粋

【日本の大問題といえる『空き家問題』】
総務省が5年ごとに行う住宅・土地統計調査によると、2018年の空き家は全国で846万戸と、前回と比べ3.2%増加し、過去最高を更新しています。総住宅数における空き家率は13.6%(13年は13.5%)でした。空き家の増加は、社会全体の高齢化と人口減少に加えて、子ども世代が実家を離れて暮らす核家族化の進展などが要因として考えられます。

モノ・ループが出店している東海3県および北陸では、日本のおよそ10%にあたる84万戸の空き家があると報告されています。こうした状況を踏まえて、古物買取を行うモノ・ループは、皆様の空き家問題の解消に貢献したいとの思いから『空き家のなかみ まるっと買取サービス』の開始を決定いたしました。

【空き家問題に「片づけながら買取る」新たな選択肢を】
お客様への聞き取り調査によると、誰も住んでいない家だからといって、思い入れの詰まった空き家をすぐに手放す判断ができない人が多いことがわかりました。そこで、日本の大問題ともいえる空き家問題に「放置する」「売却する」だけではない、第三の選択肢として「片づけながら買取る」ことを提示すべく『空き家のなかみ まるっと買取サービス』を実施いたします。

清掃業者に依頼をすると費用が掛かるところを、モノ・ループにご依頼いただければ「片づけもできて、お金も戻ってきた!」という驚きを提供できると考えています。

「誰も住んでない家がある」「ごちゃごちゃの実家、どうしよう」「何から手をつければいいかわからない」そんな、空き家のお悩みを抱えている皆様に寄り添ってまいります。

【『空き家のなかみ まるっと買取サービス』サービス紹介】
まずはお電話にて、空き家に訪問する日付をお約束させていただきます。鑑定にお伺いするのは、12品目の査定ができるプロの鑑定士です。骨董品から美術品、貴金属からブランド品まで幅広い鑑定ができるからこそ、どんなお宝が眠っているかもわからない空き家のなかから、価値あるものを発見することができるのです。一緒にお部屋を片づけながら、価値あるものを発見し、買取りさせていただきます。

値が付きそうなものの発見と鑑定は鑑定士が行いますが、片づけは日にちを改めて担当スタッフが行わせていただきます。不用品の移動や仕分けをお手伝いいたします。なお、ゴミの処分と廃棄は行っておりません。各自治体にお問い合わせのうえ、ご自身で廃棄してくださいますようお願いします。

査定と片づけの費用は掛かりません。ゴミの処分と廃棄は行っておりませんので、ゴミ処理に関する費用はご自身でご負担ください。

詳細は『空き家のなかみ まるっと買取サービス』からご確認ください

『空き家のなかみ まるっと買取サービス』
https://monoloop.jp/akiya/

 

【『空き家のなかみ まるっと買取サービス』を実現する鑑定マイスター制度】
モノ・ループでは質の高い鑑定士を育成するために、独自の教育制度「鑑定マイスター」を導入しています。鑑定マイスターは、鑑定力を高める12項目と、気持ちよく公平なお取引をするための3項目の合計15項目からなり、買取に携わるスタッフは、全員この鑑定マイスターの資格を持っています。だからこそ、どんなお宝が眠っているかもわからない空き家のなかから、価値のある骨董品や美術品、金属などを発見し、幅広く鑑定することができるのです。

買取業者の多くは、骨董品は骨董品担当者、ブランド品はブランド品担当者といった担当者制を取っています。その点からも、モノ・ループは『空き家のなかみ まるっと買取サービス』を提供できる数少ない買取業者のひとつであると言えます。

【代表取締役社長 平野孝典のコメント】
新型コロナ・ウィルスの蔓延によって、在宅時間が長くなっています。こうした流れを受けて「家のなかを広々使いたい」という声が高まり、2020年11月には弊社史上最高数となるお問い合わせとご来店をいただきました。

そこで、お客様のお話しに耳を傾けると「実は、空き家をどうするかで悩んでいる」という方が多いことが分かりました。今後さらに深刻化するであろう『空き家問題』に対して、『空き家のなかみ まるっと買取サービス』で、より多くの皆様の悩みを解決したいと考えています。ひとりでも多くの方から「モノ・ループに相談してよかった」と喜んでいただけるサービスを提供するよう、社員一同、尽力してまいります。

【企業概要】
モノ・ループ株式会社
所在地:愛知県江南市古知野町朝日143 駅前第一ビル106
代表者:代表取締役 平野 孝典
設立日:2012年3月8日
会社HP:https://monoloop.jp/

モノ・ループでは、査定員はマスクの着用やアルコール消毒、定期的な体温管理をするなど、新型コロナ・ウィルス対策を徹底しています。店舗買取では、テーブルや椅子の除菌や飛沫防止シートを設置しています。

【問い合わせ】モノ・ループ株式会社 担当 平野聖也  0587-53-6606

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る