高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年04月26日

2021年度「病院がプラネタリウム」 無償プログラムの募集開始(病院・施設・団体さま向け)

「星を介して人と人をつなぎ、ともに幸せを作ろう」をミッションに、プラネタリウム、星空観望会、星や宇宙に関するワークショップなどを展開している一般社団法人 星つむぎの村(山梨県北杜市、代表理事:跡部 浩一/高橋 真理子、以下 星つむぎの村)は、なかなかほんものの星空を見ることが難しい、長期療養中の子どもたちやその家族、医療関係者に星空を届ける「病院がプラネタリウム」の2021年度無償プログラムの募集を2021年4月より開始しました。なお、この無償プログラムは、日本歯科医師会と日本財団が実施するチャリティプロジェクト「TOOTH FAIRY」事業の支援を受けて実施いたします。

天井に満天の星空が

対象:長期療養中、あるいは難病や重い障害のあるお子さんとそのご家族がいらっしゃる病院・施設・団体および支援学校で、星つむぎの村のプラネタリウムを、まだご体験いただいていないところ(在宅の方向けのものについても、2021年度実施いたしますが、ご案内まで今しばらくお待ちください)

募集数:フライングプラネタリウム 30件、出張プラネタリウム 15件

(先着順とし、予定数に達したところで受付を終了します。有償の場合は、随時受付可能です。)

※フライングプラネタリウムは、オンラインライブまたはオンデマンド動画によるプラネタリウムの投影です。

内容:フライングプラネタリウムの場合は、機材到着から機材発送まで1週間(実質使用日数5日間)。ライブ投影1回あるいは、オンデマンド動画1本。出張プラネタリウムの場合は、実施日は1日(投影回数5回まで)が、無償範囲となります。機材輸送費や交通費分も無償です。この範囲以上の日数や投影回数をご希望の方は、その分のみ有償でお請け可能です。ご相談ください。

依頼方法:依頼フォームからご依頼ください。内容のところに「TOOTH FAIRY希望」とお書きください。
https://hoshitsumugi.org/order/

フライングプラネタリウムおよび出張プラネタリウムについての詳細は以下のページをご覧ください。
https://hoshitsumugi.org/planetarium/

紙のリーフレットをお届けすることも可能です。それも依頼フォームからご依頼ください。

助成:日本財団 TOOTH FAIRY チャレンジキッズプロジェクト

■団体概要
・名称  : 一般社団法人 星つむぎの村
・所在地 : 山梨県北杜市大泉町谷戸6587-2
・代表理事: 跡部 浩一/高橋 真理子
・事業内容: 「星を介して人と人をつなぎ、ともに幸せを作ろう」を
       ミッションに、プラネタリウム、星空観望会、
       星や宇宙に関するワークショップなどを展開
・設立  : 2016年3月(2017年6月2日法人格取得)
・URL   : http://hoshitsumugi.org

【実績】
<出張プラネタリウム>
・病院や障害者施設など
2020年度 15施設
過去合計:約300施設、約23,000人体験)

<フライングプラネタリウム(オンライン配信・オンデマンド)>
2020年度
・病院や施設、支援学校など(52施設)
・在宅療養中のご家族など(15件)
・全国一斉フライングプラネタリウム(14回) 他、学校:大府市教育委員会・甲府市PTA連合会など
・星の寺子屋(13回)
・星のポエトリックオペラ(8回)
・山梨県立大他 大学オンライン授業

<巌谷小波文芸賞・特別賞 受賞(2019年)>

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

トップへ戻る ホームへ戻る