高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年04月28日

ゴールデンウィークに遺言状を作ろうキャンペーン開催  ~人生を見つめなおす有意義な連休にしませんか?~

遺言・相続の専門事務所であるヴェルニー終活・相続相談センター(本社:神奈川県横須賀市、代表:大友 康生)では、ゴールデンウィーク期間中、20名様限定で、電話・SNS・メール・Zoomなどで完結するゴールデンウィーク遺言状作成キャンペーンを実施します。
せっかくの連休、心から楽しむことが難しい今だからこそ、落ち着いてしっかりと人生の課題に取り組んでいただきたいと考えました。

満足できる遺言状を作り上げることで『里帰りや旅行はできなかったけれど有意義な良い連休だった』と振り返って、連休明けから安心感を持って日々過ごしていただけるよう、全力であなたをサポートします。

詳細URL: http://www.hama123.com/

遺言状

≪キャンペーン 7つの特長≫
1. ご家族からのご相談でもOK
  ・公正証書遺言完成前には、一度遺言者ご本人様の意思確認が必要です
2. 全国対応
  ・日本全国対象です。打ち合わせは、電話、SNS、メール、Zoomなどを利用します
3. 特別キャンペーン価格
  ・通常価格の10,000円引き (通常49,000円が39,000円)
4. 相談は回数無制限
  ・連休終了後もご相談うけたまわります
5. 100%返金保証
  ・ご満足いただけなかった場合、理由の如何を問わず料金を返金します
6. 公証人との打ち合わせ、手配(出張含む)、公証役場の予約まで致します
  ・お近くやご希望の場所の公証役場にてセッティングします
7. 10年間の書き換え無料サービス
  ・一度作った遺言状を書きなおしたくなった際には、10年間、無料で原稿の書き直しに応じます

≪追加特典≫
・期間中キャンペーン参加お申し込みの方に、終活カウンセラー協会特製のエンディングノートプレゼント

≪事務所からのメッセージ≫
これまで、多くの方が『遺言状はいつか作るつもり』と言いながら、結局は作らずにお亡くなりになったり、ギリギリになってからあわてて急ごしらえのものを作り、心からの満足や安心を得られないまま旅立っていかれました。

遺言・相続の専門家として、そんな例を数多く見てきた中で、『一番大切なのは、遺言状を作ろうと思いきるタイミングと、それにしっかり取り組める時間だ』と思うに至り、この度のキャンペーンを開催することとしました。

多くの専門家の研究や私自身の経験から、『元気なうちに遺言状を作って後悔した人は、ほぼ一人もいない』と断言できます。

より踏み込んだ表現をすると『しっかり時間をかけて遺言状を作った人は、必ず満足と安心を手に入れられる』という事ができます。

それも、遊びなどその場限りの満足ではなく、一生の安心を手に入れることができるのです。

ゴールデンウィークで、しかも例年であればできたはずの旅行や里帰りができない今年の連休は、普段であれば先延ばしにしてしまう遺言状作成に取り組む絶好の機会です。

遺言状を作るという事は、単に亡くなった後の財産の分割を定めるだけでなく、ご自身やご夫婦の老後・終末期の人生設計や、先々の葬儀や供養まで考えるたいへん良い機会になります。

また、遺言状にしっかりメッセージを残しておけば、争いをふせぐと共にあなたの思いを大切な方々に伝える手紙の役割も果たしてくれます。

たまたま時間があるときに半日や一日で簡単に作るというようなものではありません。

今回は、キャンペーン参加を20名様に限らせていただき、私自身がご依頼者様に寄り添って、一緒に最高の遺言状を作るお手伝いをさせていただきます。

お一人お一人の状況を伺って、現状分析と将来のリスク分析を行い、いざというときに、ご家族それぞれがどんなお気持ちになるか、それに対してどういうメッセージを残したらよいかまで考えて文章の提案を致します。

遺言を法律の面から見る行政書士としてだけでなく、老後から終末までの人生設計を行う終活カウンセラー、相続に伴う様々なリスクを診断する相続診断士、法律家の立場では中々目の届かない細かな相続実務に精通した相続手続きカウンセラーの資格者として、自信をもってキャンペーンへのご参加をお勧めします。

<詳細・申込>
http://www.hama123.com/

【会社概要】
商号  : ヴェルニー終活・相続相談センター
代表者 : 代表 大友 康生
所在地 : 〒238-0007 神奈川県横須賀市若松町3-27
設立  : 2020年8月
事業内容: 相続・遺言・生前対策に関するサポート
URL   : http://hama123.com

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る