高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2019年12月24日

いよいよ遺産分割の手続きを…注意するべき点は?~遺言書がない場合の遺産分割

遺産分割の手続きをしようと思うのですが、遺言書が無い場合にはどのような点に注意したらよいでしょうか。

答え

以前にもお話しましたが、相続人の調査をした後、財産(遺産)を調べることが大事です。

ところが、財産調査を十分に行わないで(時には一部をあえて財産目録に記載しないで)財産目録を作成して、更に遺産分割協議書案まで作成して、相続人に「これに実印をして欲しい。印鑑証明書1通添付して下さい」と言った趣旨の書面を出すことがあります。

このような安易な方法はトラブルの原因になりますので、避けて下さい。やはり財産は正確に調査して、相続人に報告するのがいいですね。

 

また負債についても注意が必要です。負債は相続分に応じて負担することになりますが、相続人の間で、どのように負担するかを決めることが必要となりますので、あらかじめ調査をしておくのがよいでしょう。

また、財産目録を開示する際に、分割方法について自分なりの考えがあったとしても、最初からその考えを出すのはどうでしょうか。相手方としては、一方的におしつけられたような感じを受けるかも知れません。

最初は財産目録を提示し、話し合いの機会を設ける旨を連絡するのがよいのではないでしょうか。(老友新聞社)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る