高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2019年05月24日

「スクールロイヤー」~野田市小4女児虐待事件受け国が配置を検討

スクールロイヤーとは学校や教育委員会などの代理人となる弁護士のこと。

千葉県野田市の小学4年生の女子児童が虐待の末、死亡した事件を受け、国が配置を検討しています。
児童虐待が発覚し、子と加害親を隔離した際などに、交渉を行うことが期待されています。

一方で、虐待問題の専門家からは、「法律の知識だけでは不十分、加害親の精神構造を学ぶ研修が必要」という指摘も。
野田市の事件では、女児が父親の暴力を訴えたアンケート用紙を教育委員会が父親に見せたことが発覚しました。「威圧感に屈した」というのが理由ですが、「父親の異常性を見抜けなかったのでは?」という指摘もあります。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る